2019年02月12日

一般教書演説

先日トランプ大統領の3回目の一般教書演説が行われた。
今回に限ったことではないが、歴代の一般教書演説の映像を見て感心するのは、野党の議員たちも大統領が良いこと言えばちゃんと拍手している点である。今回はトランプへの抗議の意味を込めて白い服で参加したと言う女性議員たちも、途中でスタンディングオベーションしている姿が見られた。

一方、日本の総理大臣の所信表明演説では、
終わった後に野党党首のインタビューが行われるのが恒例だが、
「美辞麗句だけを並べた演説。」とか、
演説を聞かなくても言えるような批判ばかりに感じられる。

よく「是々非々で対応。」とか言うけど、
「是非非非」になってない?
法案審議も。

posted by ホンロン at 14:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ネタ

2019年02月07日

細野豪志

政党を渡り歩いた人は今まで何人も居て、
やっぱり胡散臭い人が多いんだけど、

細野さんは取り分けひどいねぇ。

あれほど批判していた自民への編入を希望?


「与党でないと政策実現できない」とのことらしいけど、
民主党で閣僚を歴任してる間に実現できなかったのかね。

posted by ホンロン at 20:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 人物評

2019年01月27日

ニュース速報

全豪女子の生中継を見ていて、大坂なおみがチャンピオンになった瞬間、その画面に「ニュース速報」が出た。

内容は、大坂なおみが優勝したって、、、おい、このチャンネル見ている人は全員そのこと知っているよ。わざわざテロップに流す必要あるの?

ま、これはNHKは複数チャンネルを持っているので全チャンネルに一斉に流した結果なのかも知れないけれど、その前に、わざわざニュース速報として流さなきゃいけない内容なんだろうか??


今日は2回ニュース速報を見た。
1回目は東北で地震。これは分かる。
2回目は、「嵐が2020年をもって活動休止」って、速報しなきゃいけない内容??

速報の安売りしてない?
posted by ホンロン at 17:45| Comment(3) | TrackBack(0) | TV番組

2019年01月26日

大坂なおみ

全豪オープン、生中継見ちゃいました。
彼女のプレーがどうこうを言うつもりはありません。

表情が良いよね。
「チャーミング」という言葉を思い出しました。

ランキング1位、おめでとう。

全然ぼやきじゃないけど、ま、良いか。
posted by ホンロン at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物評

2018年06月30日

1勝1敗1分

1998年サッカーワールドカップ・フランス大会が始まる前、岡田監督は
「1勝1敗1分で決勝進出を目指す。」
と言ったが、私はそれを聞いて
「アトランタオリンピックじゃ、2勝してグループリーグ敗退だったのに、何を呑気なこと言っているんだろう。」
と思ったものだが、

ロシア大会で、正にその1勝1敗1分で進出するとは、、、

ま、ともあれ、おめでとうございます。

ポーランド戦最後の10分に批判が集まっているけど、
かなり厳しい決断の結果だと思うよ。上手く行って良かったね。
(生中継見ていたわけではないのでスタジアムの雰囲気はわからないけど。)
posted by ホンロン at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ

2018年06月23日

大迫

ワールドカップでもう1本。

サッカーにそれほど詳しくないので、大迫と言う選手は今回初めて知った。
テレビで色々と詳しく説明してくれるので、いかに小さい時からずば抜けていたのかも知った。

まあね、トップで活躍する人は「双葉より芳し」なんだろう。
ただ、別世界の人にしか感じられない。
感情移入しにくいんだよね。

オジサンとしては、高校時代にプロなんて夢見るなと言われた長谷部とか、大学時代は補欠で観客席で太鼓叩いて応援していた長友とか、そんな苦節が見える選手を贔屓にしてしまう。
posted by ホンロン at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人

コロンビア戦の夜

サッカー・ワールドカップの日本対コロンビア戦、まずは日本おめでとう。
試合の日は朝からニュース等でその話題ばかりだったから、さぞかし視聴率も高かったんじゃないだろうか。

翌朝のテレビも当然のごとくコロンビア戦が満載。

で、スポーツコーナーに入り、他のスポーツニュースも流れた訳だが、
野球のセパ交流戦が3試合あったらしい。
観客席見るとそこそこに入っている。
調べてみたら観客数はそれぞれ2万人ぐらいとのこと。
つまり6万人ぐらいはコロンビア戦より野球をとったわけだ。

日本人ってけっこう「一億総〇〇」みたいに流れちゃうところがあるのだけれど、
こんな多様性が見られるのは頼もしい。

大げさかな?

ちなみに私はバンドの練習に出かけていて、帰宅してから最後の20分ぐらいだけ見ました。

posted by ホンロン at 16:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本人

2018年05月08日

国民民主党旗揚げ

希望54+民進53 → 国民民主62

「原則、審議拒否はしない」 → 結党大会で国会欠席


泥船って言葉が浮かんだよ。

もうちょっとしっかりした野党はできないものだろうか、、、
posted by ホンロン at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ

2018年04月28日

メンバー

始まりは「稲垣メンバー」だよね。
調べてみたら2001年だとのこと。

その後「草gメンバー」ときて今回の「山口メンバー」。

書類送検されているんだから、「山口容疑者」で問題ないと思うんだけれど


これもいわゆる忖度?

ともかく、聞くたびに違和感を感じるこの呼称、やめてほしいな。
posted by ホンロン at 07:08| Comment(2) | TrackBack(0) | カタカナ語

2018年04月21日

ハラスメント

財務省の福田事務次官が女性記者にセクハラ!?ということで話題になっているが、

あれはハラスメントに該当するんだろうか?
念のために書きますが、該当しないと言いたいわけではなく単純に「何をどうするとハラスメントに該当するのだろう?」と言う疑問です。
ま、彼が下品でスケベな発言をしたのは間違いないと思うけど。

ケース1.
男性上司「胸触っていい?」
女性部下「嫌です。」
男性上司「次の人事考課でどうなっても知らないよ。」

これは完全にセクハラですよね。


ケース2.
男性客「胸触っていい?」
キャバ嬢「嫌です。」
男性客「もう指名しないぞ。」

これをセクハラと言う人は少ないと思う。
キャバ嬢という特殊性もあるが、彼女は不利益を選択できるのもケース1との差。


ケース3.
店長と懇意な男性客「胸触っていい?」
キャバ嬢「嫌です。」
男性客「店長に言って辞めさせてやるぞ。」

こうなるとセクハラかな。ハラスメントなのか脅しなのか微妙な気もするけど。


ケース4.
取材対象男性「胸触っていい?」
女性記者「嫌です。」
取材対象男性「じゃあ情報あげない。」

彼女が不利益を選択できることではケース2と大きく違わない気がする。

一度話をすれば彼のお下劣さは分かるだろうに、何度も足を運ぶので彼も良い気になって発言の酷さはエスカレートしたんじゃなかろうか。
行かないという選択はなかったのか?



ケース5.
上司「次官に取材行って来い。」
女性記者「卑猥なこと言われるので嫌です。」
上司「お前、それでも記者か?」

これ、パワハラですよね?


posted by ホンロン at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カタカナ語