2019年02月12日

一般教書演説

先日トランプ大統領の3回目の一般教書演説が行われた。
今回に限ったことではないが、歴代の一般教書演説の映像を見て感心するのは、野党の議員たちも大統領が良いこと言えばちゃんと拍手している点である。今回はトランプへの抗議の意味を込めて白い服で参加したと言う女性議員たちも、途中でスタンディングオベーションしている姿が見られた。

一方、日本の総理大臣の所信表明演説では、
終わった後に野党党首のインタビューが行われるのが恒例だが、
「美辞麗句だけを並べた演説。」とか、
演説を聞かなくても言えるような批判ばかりに感じられる。

よく「是々非々で対応。」とか言うけど、
「是非非非」になってない?
法案審議も。

posted by ホンロン at 14:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ネタ
この記事へのコメント
「是非非非」に笑ってしまいました。
d(>_・ )グッ!
Posted by gmind at 2019年02月13日 06:40
受けていただいたようで嬉しいです。
Posted by ホンロン at 2019年02月14日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185541890

この記事へのトラックバック