2017年06月26日

海老蔵会見

奥様逝去で市川海老蔵氏が記者会見した。
病状が注目されていたから、テレビ的にはコメント欲しいんだろうが


そっとしといてやれよ。

posted by ホンロン at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | TV番組

2015年12月23日

下町ロケット

最終回だけ見た。

話題になっているとはいえ、話が分からないんじゃ見てもしょうがないと思ってたところ、最終回は前シリーズも含めダイジェストをやるとのことだったので、全く持ってTBSの策略に嵌っているけれど、ダイジェストから最後まで見てしまった。
一応技術屋なのでね、共感するところはある。ただね、

「これは無い」と思うところ
・帝国工業の作業服、赤はないだろ赤は。何のコスプレ?
・打ち上げの様子を工場の皆で見る、まぁそれは良い、だけどなんで皆起立して列をなしてるの?普通の感覚なら食堂みたいなところで座って見るでしょう。
・開発した人工弁が実際に使われるところを見たいのは分かる、けれど、大挙して手術室に入って見学するってどうよ?大学病院なら多分外から見ることできるよ?

「有るかもしれないけど、どうなの?」
・佃社長、激昂しすぎ。あんな感情むき出しの社長は、ちょっと引くわぁ。

原作読んだことないけれど、多分上記のような記述ではないんだと思う。ドラマ的演出なんだろうなあ。
私としてはそこで冷めてしまったよ。



ま、最後まで見たけれど。
posted by ホンロン at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | TV番組

2014年07月06日

ディベート

とあるディベート番組にて原発の再稼動問題を討論していた。

A「電気料金を上げないためには原発の一部を再稼動しなきゃどうしようも無いわけですよ。」
B「そんなこと言って、もし事故が起きたらどうするのよ。」
A「起きないように安全基準を厳しくして対応するんじゃないですか。」


別の番組で同じAさんとBさんが、今度は集団自衛権問題を討論していた。

B「日本が今まで戦争に巻き込まれなかったのは核の傘でなく9条が有ったからでしょうが。」
A「そんなこと言って、尖閣へ中国が武力行使してきたらどうするんですか。」
B「そうならないように外交ってのが有るんです。」

どっちも説得力が無い、、、、
posted by ホンロン at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組

2014年02月08日

候補者討論会

東京都知事選、真っ只中である。

主要候補と言われる4名がスタジオで政策討論をしている番組を見たけれど、

選挙期間中って、特定の候補だけ、顔出して、報道するっていつから良くなったの?
衆院選と知事選は事情が違うんですか?


街頭演説の報道も主要の方々だけ。泡沫の方々は最後に顔写真の紹介もあるけど名前を読んでさえもらえない。建前上不公平だけど、良いの?
posted by ホンロン at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組

2013年12月15日

じぇじぇじぇ

私の勤務先は8時半始業、ゆえに8時はまだ通勤途上。また、昼休みは12時から45分まで。
と言う訳でNHKの連続テレビ小説とやらは何年、いや何十年も見たことがない。BSの時差放送とか纏め放送とかで視聴は可能なんだろうけど、そこまでして見たい訳じゃないし。

勤務先の皆さんも大体同じようなものなので、私の周りでは朝ドラの視聴率はかなり低い。サラリーマンだったらそんなものじゃないですか?

なので、だと思うけれど、今年の流行語大賞に輝いた「じぇじぇじぇ」を実際に使う人を見たことがない。「流行語」なんですけどね。

posted by ホンロン at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組

2012年09月23日

キングオブコント

ずいぶん久々にお笑い番組を見た。
3000弱のエントリーから勝ち残った8組による決勝、らしい。
それぞれ2回ネタを披露するらしいが、見たのは後半だけ。なので半分だけ見ての感想ではあるが、

優勝した「バイきんぐ」は面白かったけど、
他はイマイチな気がした。

漫才に比べてコントは人材が不足してるのかなぁ?
posted by ホンロン at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組

2012年05月06日

ATARU

日曜夜9時からのTVドラマ「ATARU」
事件解決のストーリーはまあまあ、
つまらないギャグは日本ドラマにありがちだけど
それは良いです。

がっかりするのが別にあって

村上弘明氏がFBIとして登場しているのだけど、

それにしては
英語の発音がもろ日本人。


興ざめしちゃうな。
posted by ホンロン at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組

2012年05月04日

塩谷騒動

本人達は大変だと思いますが


誰と誰の二股がどうとか、
興味ないので別の話題にしてくれませんか?
posted by ホンロン at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組

2012年03月25日

改編

なんだか最近TVを見ると○時間スペシャルとか特番が多いなぁと思っていたら、年度末で番組改編の時期だった。
今月末で番組が終わるのなら分かるんですが、引き続き次期もある番組で特番体制を組むのは何故なんでしょうか?普段と違うことをするとだいたい前後でクオリティーが下がるんだよなぁ。

単発の特番も毎回似たようなのが多いしね。
「△△24時」とか。
posted by ホンロン at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組

2012年03月04日

健康番組

「カラダのキモチ」とか「本当は怖い...」とか、他にもバラエティの特集で病気や症状にスポットを当てて原因から対処方法まで説明してくれる番組はコンスタントな人気があるそうだ。

そんな番組でよくあるのが
「たった○分でできる、△△病予防の運動。」

たしかにね、それ自身は2〜3分で、長くても5分ぐらいでできる運動ですよ。

ただ、全身の不安箇所を全部対処しようとすると1時間でも足りなくなりそうだ。

その前に、5分の運動を毎日続けられるかの方が問題だろうけど。
posted by ホンロン at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組

2010年11月27日

コナン

名探偵コナンってまだやっていたんだ。
15年ぐらいやってる?いまだに放映しているってことは人気あるんだろう。昔は確か月曜日の夜7時半だっと思うけれど、今は土曜日の夜6時。昇格かどうかよく分からないけれど、子供が見やすくはなっているのは確かだと思う。

だけど、ちょっと待ってほしい。
扱う内容はほぼ毎回殺人事件である。
アニメだってことで敷居が低くなってるかもしれないけど、年端もいかない子供が毎週殺人事件のドラマ観てるって変だと思わない?
番組の最初に
「この番組には殺人描写が含まれます。」
と言う表示がされたとして、それでも平気で子供に見せられるのかな?
少なくともPG-12にすべきだと思うが。


それにしても、このコナン、行く先々で殺人事件に遭遇する。
まるで事件を呼び寄せているみたいだ。
コナンが家でじっとしていれば日本はもっと平和になるんじゃないだろうか。
posted by ホンロン at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | TV番組

2010年08月03日

コールドケース

日本のTVドラマ、特に新作をリアルタイムで見なくなって随分と久しい。平日は見ている時間が無いと言うのもあるけれど、一番の理由は「面白くない」からに尽きる。

何故に日本のドラマは作りが雑な印象しか残らないのだろう?
制作費の問題でセットがしょぼいのは仕方ないとしても
ストーリーを成立させるための無理な設定とか登場人物の不自然な行動が多すぎないか?
観ながら何度も心のなかで突っ込み入れて、で、結局観る気が無くなってしまうのだ。

代わりと言っては何だけれど、海外(アメリカ)ドラマは録画してでも観るものがある。
最近は「CSI」の3種、それと「コールドケース」。

もちろんアメリカにだってつまらないドラマは沢山あるだろう。
ちゃんとしたドラマだからこそシリーズ化され、外国へも輸出できるのだと言うことはわかる。
それにしても、日本のドラマと比較してこのクオリティの差は何?
上記のドラマに共通しているのは、セットが充実していること、細部までちゃんとした検証がされ無理な設定など無いこと、
登場人物の行動がどれも納得できること等々、お金と時間をかけていると言ってしまえば簡単だけれど、要するにちゃんと人間を描いているのだろう。

そのなかでも新シリーズが始まった「コールドケース」。
何年も、場合によっては数十年前の迷宮入りした事件(コールドケース)を粘り強い再捜査で決着(クローズ)させるというもので、
内容を番組サイトから引用すると
「何十年も前の事件も、当時はまだ無かったDNA鑑定など、現在の最新のテクノロジーを駆使すれば、事件解決の糸口が見つかる可能性は大きい。
また事件の関係者が当時は言えなかったことなどを証言し、意外な真相を語り出すことも…。」

このドラマで特徴的なのは、事件発生時と捜査中の今とで時間差があることで、
例えば事件当時の描写はティーンエイジ、今は中年と言うキャスティングをしなければいけないわけだが、
それがまた、この青年ならこんな感じの中年になるだろうと納得できる絶妙な役者を揃えてくるのだ。
日本のドラマだったら変な特殊メイクで同一人物が演じ、それを「売り」にするかも知れない。そんな「あざとさ」が無いのだ。

ま、ちょっと引っかかるところは有るには有る。
そんな何十年も前の迷宮入りした事件をバンバン解決できるほど優秀なら、「今」の事件捜査で引っ張りだこだろうと、
そんな意味では無理な設定があるのかな?(^o^)
posted by ホンロン at 19:54| Comment(3) | TrackBack(0) | TV番組

2009年01月24日

ひも付き

自ら映画評論家を名乗っている「おすぎ」氏が映画のCMに出ているのを観たときには
「ああ、もうこれでこの人は評論家を名乗れないな。」
と思ったのだが、その後も何本もCMに出続けながら評論家の肩書きを降ろしていない。
でも、そういえば最近は出演CMも見なくなったなぁ。
ひも付き評論家の御推薦もご利益が薄くなったのか?

捏造発覚で終焉をむかえてしまった「あるある大辞典」だが、
捏造よりスポンサーである花王の御意向で内容が偏向していた方が問題だったのではないか?
体脂肪問題を取り上げた回で思いっきりエコナを褒めたり、
洗剤が要らない洗濯機なんて取り上げるわけもないし。

かつて「暮らしの手帖」という雑誌の「商品テスト」という人気コーナーがあったが、メーカーのひも付きでないが故にテスト結果を読者が信頼したのであることは容易に想像できる。


「アメトーーク」なる番組で一躍人気の出た「家電芸人」、
家電メーカーのCM出演が決定したメンバーがいるそうな。
再び番組に出た時に、自分がCMしているのと違うメーカーの家電を絶賛したら大したものだけどね。
できなかったら家電芸人も賞味期限切れになっちゃうかな。
posted by ホンロン at 00:30| Comment(4) | TrackBack(0) | TV番組

2008年12月31日

拍手

お笑い番組を見ていると、
「どうも〜〜〜〜」とか言いつつ拍手をしながら登場してくる若手の漫才コンビを見かける。
本人は賑やかしの、出囃子代わりかも知れないが

芸人だったら

拍手は されるもの であって

自分でするものじゃないでしょう。


拍手しながら出てくる人は面白くない人が多い。
NON STYLE はまずます面白いけどね。
posted by ホンロン at 17:15| Comment(4) | TrackBack(0) | TV番組

2007年09月26日

テンプレート

NHK(テレビ)でニュースを見ていたら、全国版からローカルに切り替わってアナウンサーが

「今日は秋分の日。暦の上では昼と夜の長さが同じになる今日‥」

って、おいっ!
暦の上でない、昼と夜の長さが同じになる日が別に有るのか?

これが「今日は立春、暦の上では春ですが‥」だったら別に問題はないのだが、同じ二十四節気だからって同じ定型句を使うことに疑問を感じないのだろうか?

確かにニュース原稿は時間との勝負と言う面があり、特に人手の少ない地方局では常套句に頼るのもある程度仕方がないのかもしれないが、それでも少しは吟味して使っていただきたいものである。

ニュースの常套句と言えば、

「嬉しい悲鳴」
ここ数年あまり聞かなくなった気もするが、
夏の土用の丑の日あたりでは今でも聞きそうな気がする。

「ぎりぎりの交渉が行われます。」
ぎりぎりかどうかなんてのは当事者じゃなきゃ分からない事、
しかもこれから行われる交渉の内容を何故断言できるんでしょうか?

「さかんに〜していました。」
幼稚園児のイベントとか老人ホームへの慰問などでよく聞くフレーズだけれど、小学生の日記のようなこの口調はなんとかならんのでしょうか。

他にもまだ有りそうだけれど、思いつかないのでまた後の機会に。
posted by ホンロン at 20:27| Comment(15) | TrackBack(0) | TV番組

2007年08月07日

黙祷

終戦の日は正午に全国一斉で1分間サイレンが鳴らされ戦没者に対して黙祷を捧げることになっている。
この日はたいてい甲子園で高校野球選手権の最中なので、試合を中断して選手だけでなく観客も黙祷を捧げる姿がTVで放映されるのが恒例である。
画面では整列した選手や審判、その場で起立する観客が映し出され、、、、

カメラマンは黙祷しないの?

画面を切り替えるディレクターも黙祷してないよね?

まあ、それを見ているってことは私も黙祷してない訳なので、まったく大きなことは言えないのだが、

カメラマンも黙祷するため定点映像しか流れない
と言う放送があっても良いんじゃなかなぁ。

某局では黙祷どころか通常どおり「おひ〜るやすみはうきうきうぉっちん」とかやってるのかなぁ?見たこと無いから知らないけど。
posted by ホンロン at 21:19| Comment(4) | TrackBack(0) | TV番組

2007年07月21日

CountDown

朝は時計代わりでいつも同じテレビ番組という人は多いだろう。かく言う私も朝はフジの「めざましテレビ」を流している。「今日の占いCountDown」と聞こえてくると「おっ、そろそろ7時だな。」と思い、別に占いに興味は無いのけれど朝食を口に運びつつ画面をぼ〜っと眺めたりする訳だ。
よくある星占いコーナーは牡羊座から始まり魚座まで順番に今日の運勢とか言って御託を並べるが、このフジの番組では運勢の良い順に1位〜12位を示してゆく。

私は基本的に占い、特に星座占いは信じていない。同じ誕生日の人が同じ運勢だなんて考えですら受け入れがたいのに、それが30日ぐらい範囲を拡大してもなお同じ運勢だと思えと言う方が無理である。
それに1位と12位が隣り合った星座と言うことがたまにあるのだけれど、境目の日に生まれた人を考えると一日違いでそんなに運勢が違うのは不合理じゃない?

それはそれとして、番組を見ていると最下位を発表する時にアナウンサーが
「今日の一番悪い運勢は、ごめんなさい、〇〇座のあなたです。」
と言うところがどうにも引っ掛かる。
何故謝るの?あなたが何か悪いことしたんですか?謝ってもらったら順位が上がるんですか?
ただ、11位と12位にどのぐらいの差があるのか知らないけれど、12位は特別に悪い運勢を跳ね返す「開運のおまじない」を教えてくれるので、一番運が悪いのは11位の人じゃないかなどと感じたりもするのである。

ところで、このコーナーが始まった当時からの疑問がひとつある。
1位から2位、3位、、、と順々にカウントアップしているのに
なぜ「今日の占い CountDown 」なの?

実はフジのサイトの意見・質問欄にこの疑問を書いてみたことがあるのだが、「貴重なご意見ありがとうございました。」というメッセージが表示されたのみで、今もって回答を頂いていない。
posted by ホンロン at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | TV番組

2007年07月15日

ゴチになります

日テレの番組「ぐるぐるナインティナイン」に『ゴチになります!』と言うコーナーがある。
一応説明しておくと、レギュラーメンバー5名+ゲスト1〜2名が金額を見ないで料理を注文し、設定金額から最も遠かった者が全員が頼んだ料理の合計金額を自腹で払わなくてはいけないと言うルール。
設定金額も一人2万円の回から節目の記念回では5万円まで、最下位の自腹金額も多い時には50万円ぐらいに達する時もあり、視聴者は料理の高額さに驚き、出演者の予想金額との差を嘲笑し、自腹が決定してうなだれる姿を見て楽しむ訳である。

しがない小市民の私は高額料理を見て「そんなにするの?高っけぇ〜!」などと叫んでしまうので、出演者の予想金額との差を嘲笑する資格など無いのだが、それは言わないお約束。
たぶん同じように楽しんでいる人が多いのだろう、もう10年近く続いている人気コーナーである。

ただ、当初からず〜っと疑問に思っていたことがある。

これって 賭博じゃないの

まあ、本当に自腹かなんて見ているほうには分かりませんけどね。

あれだけ人気があれば一般でも広まりそうで、別に庶民は設定金額一人5千円だって可だと思うのだけど、ゴチ形式の会食なんて聞いたことがない。
当然お店の協力が無くては成立しないのだが、企画に乗る店がいないのは面倒なだけでなく、本当に一般人が自腹でやり始めたら摘発が有るからじゃないか とも思う。
posted by ホンロン at 11:04| Comment(2) | TrackBack(0) | TV番組