2016年08月22日

水谷選手

リオ・オリンピック、なんだかんだで結構見た。
卓球男子個人の馬龍選手との試合はダイジェストでしかみていないが、ラリーの打球の速さには度肝を抜かれた。卓球への見方が変わった。で、団体の決勝戦、2セット先行するも追い付かれ、フルセットのマッチポイントを取られ、そこから逆転してつかんだ勝利。
感動した。その瞬間までは。

勝利が確定した時、ラケットを放り投げたのを見てがっかりした。


大事な相棒じゃないの?
道具を大事にしないのはダメだと思う。
posted by ホンロン at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物評

2016年07月02日

小池百合子

日本テレビの朝番組ルックルックにおける竹村健一のコーナーでアシスタントを務めていた頃、ちょうど自分は学生で、特に夜型に傾いていた大学院時代は朝起きる時間と合っていたので、番組は朝食を取りながらよく観ていた。その頃の印象は「嫌みのない人」だった。竹村健一氏の突っ込みにたじろぎながら返答する様はちょっとトロい感じもしたが、演出だったのか?それはよくわからないが、性格よさそうな印象は持っていた。

その後政界に進出して、大臣にまでなったころは、随分と貫禄が出てきたなぁと感じたものだ。
それと経歴も鑑みて、したたかさも。


今回都知事選出馬宣言するインタビューを見た。
凄く嫌な感じしかない。
顔に卑しさが出ているかのようだ。老醜とは違う不快感。
なんであんな顔つきになっちゃったのかな、残念だ。


同じような感想はヒラリー・クリントン氏にも感じる。
大統領候補戦を戦い進めるにつれ、どんどん顔つきが悪くなってきている。

権力欲に取り憑かれるとあんなになっちゃうのかな。
posted by ホンロン at 07:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 人物評

2016年03月30日

石原さとみ

英会話イーオンのCMに何年か前から石原さとみさんが出ている。
初めて見た時は、日本語訛りの英語に

「これ、CMとして逆効果じゃない?」

と思ったものだ。イーオンに通ってもこんなもんかと思われるんじゃないか?と。

最近、新しいCMを見たら、結構良い発音になっていてビックリした。
努力したんだろうなぁ、きっと。


たぶん、イーオンのご利益より自分の努力の方が大きいと思うよ。
posted by ホンロン at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物評

2013年11月26日

黒柳徹子さん

久しぶりに「徹子の部屋」を見た、、、、いや、見てない、正確には徹子の部屋のとある回のダイジェストをワイドショーで見た。
時おり何を言っているのか良く分からない所がある、息が漏れているような、入れ歯の噛み合わせがうまくいっていない感じのしゃべり方をするのに気づいた。

入れ歯なんでしょうか?

ツッコミは健在なのだけれど、しゃべりがあれじゃなぁ、、、
冠番組では自分じゃなかなか止められないんだと思う。
誰か言ってあげなよ。
posted by ホンロン at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 人物評

2013年02月23日

自見庄三郎

2ちゃん風に書けば

自民党衆議院議員在籍中に郵政民営化に反対票投じる

無所属で総選挙に臨み落選

国民新党に潜り込んで参院比例当選

民主党との連立を維持するため亀井静香を追い出し代表になる

次の参院選で全国郵便局長会の支持が得られない見通し
国民新党を解散して自分だけ自民党に復帰をお願い  ←イマココ

てなところか。


潔さは感じられない。
posted by ホンロン at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物評

2013年01月06日

嘉田滋賀県知事

嘉田由紀子滋賀県知事が日本未来の党の代表を辞任。辞任の理由について「県議会で議決いただいた知事と政党代表の兼務解消を求める決議を重く受け止め、政治団体の代表の役割を後任の方に譲らせていただきたいと考えている」と述べた。

だそうだけど、結局
  祭り上げられ
  梯子外され
  裏口から退場
ってところでしょうか?

可哀想と言えなくもないけれど、国政に代表として打って出ようと決めたのは自分だから。仕方ないね。
posted by ホンロン at 09:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 人物評

2012年11月21日

loopie

鳩山元首相不出馬  だそうな。

辞めるの止めるのやめたんだ、結局。

きっと性格良い人なんだろう。人の意見も良く聞くようだし。(流されもするようだが。)学者だったら良かったのにね。
なんでわざわざ合ってない政治家と言う道を選んだのか、、、、でも、総理経験者なんだよね、なりたくてもなれない人がいっっっっっぱい居る。
posted by ホンロン at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物評

2012年08月16日

暴走明博

韓国の李明博大統領が島根県の竹島に挑発上陸し、天皇への暴言を吐くなど暴走が止まらないかのような行動を示している。任期切れの元大統領がこぞって逮捕されたり自殺に追い込まれたりする国だから、ヒーローになりたくて必死なのだろうが、
それにしても
ずいぶんとなめられたもんじゃないか?

韓国は、ここまでしても日本はせいぜい「遺憾の意」を表明するぐらいだ、と高をくくっているのだろう。ガツンと一発かましておかないとエスカレートするよ。
posted by ホンロン at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物評

2011年11月25日

立川談志

天才と言われているようだったが、噺家としての談志は好きじゃなかった。態度云々ではなくて、ねちゃねちゃした話し方で、何を言っているのか良く聞き取れない。噺家としては致命的じゃなかろうか?


訃報に続いてかつての映像が流れた。
うん、やっぱり何言っているのか良く分からない。
続いて氏の噺の何が魅力だったか語られた。
なるほどね、斬新で革命的だった訳か。それは納得した。台本家で活躍した方が良かったかも。



でも、自分で演りたかったんだろうな。
posted by ホンロン at 06:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 人物評

2011年05月21日

菅総理

平時の総理としての技量としては菅総理の政治手腕にかなり疑問を持っていた。
原発事故にしても初動云々で非難轟々なのだが、それでも

1.敵前逃亡しようとした東電を恫喝して留まらせた

2.浜岡の停止を勝手に要望した

3.発電・送電分離指針を打ち出した

のは評価して良いじゃないかと思う。
どれも業界利権の恩恵にずぶずぶだった自民政権や元自民で同様の小沢一派だったら打ち出せない決定だろう。その場合どうなっていたかと言うと、東電は撤退して非専門家の自衛隊が尻拭いに駆り出され、何すればよいか分からずぐずぐずしている間にメルトダウンは拡大し、浜岡は危険をはらんだまま稼動し続け、事故処理の費用は高い電気代をさらに高くして賄うことになった可能性が高い。

1.は単に感情的に言っただけの可能性が高く、2.は完全停止かと思いきや津波壁ができるまでの暫定処置にトーンダウンしているし、特に3.については東電以外の全国の電力会社にも大きな影響がでるので業界の大反対は必至。
3.こそは政治生命をかけて、骨抜きにならないように進めてもらいたいものだ。
ただ、政治手腕の貧弱さは改めて言うまでもない人だからなぁ、、、
利権亡者の反発は大きく、菅おろしの動きは今後さらに活発になるだろう。参議院議長が首相退陣を求めるなんて、どう考えても異常。西岡さんには電力業界からのプッシュがあるんじゃないかと邪推したくなる。
posted by ホンロン at 07:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 人物評

2009年12月23日

闘莉王

サッカー選手である田中マルクス闘莉王が出演しているVISAカードのCMがある。

審判がイエローカードを出すかに見え、それに抗議する闘莉王。
しかし審判が出したのは自動車保険の更新案内で、
闘莉王が逆にVISAカードを出して審判にアピール。
要するにVISAカードは自動車保険の支払いにも使えることをアピールするCMなのだが、

すわイエローかと言う時の闘莉王が見せる「訳がわからない」という表情、手を広げたりする動作、
まるで本当の試合の時の抗議みたい。
まさに 迫真の演技



今後、私は彼が試合中にいくら真剣に抗議しても
「演技しているんだろうなぁ」
としか思えないだろう、きっと。
posted by ホンロン at 17:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 人物評

2008年12月13日

麻生さん

前回の総裁選の頃だったと思うが

「総理になりたいと言うよりはね、
総理大臣ってのは強い権限を持てるんですよ、
自分のやりたいことを実現するためにはその権限が必要だと、
だから総理にならなきゃいかんと思うわけですよ。」

こんな主旨の発言をされていたと記憶している。



たしかにリーマンショック以降の経済打撃は想定外かもしれない。
緊急経済対策に忙殺され自分のやりたいことまで手が回らないかもしれない。

だからと言って

何をしたくて総理になったのか未だに伝わってこないのは問題だと思うよ。

ひょっとして消費税率アップがそれ?

いや、別に闇雲に増税反対するつもりはありません。
ただ、「これも思いつきじゃない?」と感じられてしまうわけで。
posted by ホンロン at 08:56| Comment(8) | TrackBack(0) | 人物評

2008年07月18日

NOMO

他人の成功が自分のことのように嬉しい。

人生三十数年(当時)過ごしてきて初めて、
野茂がドジャーズで活躍している姿を見て感じた思いだった。

スポーツ選手の活躍は他でも沢山見ているのに、何故彼だけにそんな感情を抱いたのか?  パイオニアでいてそこに奢らず無骨なところが琴線に振れたのかもしれない。

華のあるうちに辞めるなんてことせずに最後まで活躍の場を求めて潰えて終わるなんて、たぶん私ではそこまで自分を追い込むような真似できないなぁと思い、純粋にカッコいいと思う。


野茂以後に日本人メジャーリーガーは何人も出てきたが、彼のように思い入れ出来る選手が居ないのは残念である。
(一応ぼやいておきます。)
posted by ホンロン at 22:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 人物評

2008年02月28日

鳥居みゆき

ご存じない方も多いかもしれませんが、2008「R-1ぐらんぷり」で第6位を獲得しました。

絶叫タイプの芸人は勢いで貧弱なネタをごまかそうとするのが多いので好きではない。
なので鳥居みゆきの「まさこ」ネタを見たときはその類だと思い歯牙にもかけなかったのだが

いつのまにか頭の中で「ヒットエンドラ〜ン」が無限ループを始めていた。

どうにも気になってYouTubeで探して色々と観ていて分かったのだが、かなり練ったうえで完成したスタイルのようだ。演技もしっかりしているし。作ったキャラを演じたままアドリブもこなせるところを見ると、頭の回転も速そうである。

気がつけば「計算された支離滅裂」とでも言うべきものにすっかり嵌ってしまった。

一部ではブレイクしていると言われているがまだまだキワモノの扱いの彼女、

そのうち万人の支持を、、、あんなブラックジョーク連発では無理かな。

私にとっての注目株です。
けっこう美人だし。 < そこかいっ!
posted by ホンロン at 23:09| Comment(9) | TrackBack(0) | 人物評

2008年01月19日

カーペンターズ

いわゆる洋楽にのめり込んでいったのは中坊のころ、文化放送系のラジオ番組
オールジャパンポップ20
を聞くようになってからである。

最初はウィングスやジョンレノンがお気に入りだったが
そこはちょっと毒気のあるものに惹かれていくお年頃なので
ツェップ、クィーン、バドカン、パープルなどを経て高校に入学する頃にはすっかりロック小僧になってしまっていた。
カーペンターズもその頃大流行していたが、ロック小僧からは軟弱な歌謡曲にしか聞こえず、興味は無いし、どちらかと言うとバカにしていたものだった。

ロック小僧のその後は、
英語の壁がかなり厚く、何言っているのか分からない音楽よりインストゥルメンタルに興味が移り、それからジャズへと転向してゆくのである。



さて、数十年経過した先日、
運転中に聞いていたカーラジオからカーペンターズのイエスタディ・ワンスモアが流れてきた。
驚いたことに、真剣に聞いていたわけでもないのに、歌詞が自然に入って来る。
ポップ20を聴いていたころの情景が目の前に浮かぶようで不覚にも涙してしまった。

歌詞が比較的簡単な英語なのは事実で、
リスニング能力は昔より向上もしているのだが、
そこまで歌詞が自然に聞き取れた理由の一番はカレンの歌がけれん味無く聞きやすいことにあるだろう。



それで一転ファンになった、と言うことはないのだけれど
英語の教材代わりに聞いていてもよかったかなぁとは思うのだった。
posted by ホンロン at 18:09| Comment(7) | TrackBack(0) | 人物評

2007年08月30日

若槻千夏

ふとしたことで知った若槻千夏のブログ
「マーボー豆腐は飲み物です」
をネットサーフの巡回先にしている。
彼女の文章は良い感じに力が抜けていてけっこう好きである。センスも感じるしね。
一般的にも随分と人気があるらしく、アメブロのタレント部門アクセス数1位。

テレビのバラエティ番組でのツッコミ具合を見ると「頭の回転の速い娘だなぁ。」と思うのだが、どうやらクイズ番組ではお馬鹿キャラとして活躍しているらしい。

? なぜ?

「ヘキサンゴン」と言うクイズ番組で何度も何度も何度も何度も不正解を続けている所をみて分かった、

彼女は知識が無いのだ。

問題を理解するのは速いが、知識が少ないので頓珍漢なところから答えを引っ張ってきてお馬鹿な答えを連発しているのだ。
きっと学校での勉強は嫌いだったに違いない。

クイズ番組での彼女の脳は
猛烈なスピードで空回りしてる
ってとこかな。



可愛いじゃん。(^o^)
あ、全然「ぼやき」じゃないね。
posted by ホンロン at 22:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 人物評