2009年10月22日

星に願いを

先日は流星群のピークとやらで、テレビでは
「今夜は願い事をしに出かけてみては如何ですか?」
みたいなコメントが多かったのだが、

流れ星が消える前に願いを3回唱える

なんてことが実際に可能だと思っている人はいないでしょ?
(1回だってほぼ無理。)

要するに、咄嗟の出来事に対してでも直ぐに対応できるぐらい
常に考えているような願いならきっと叶うと言うことであり、

咄嗟の出来事の象徴として流れ星が使われているのであるから

沢山出ることろを待ち構えて願いを唱えるなんて本末転倒も甚だしい。



七夕の短冊にしてもそうだが、
努力もせずに願いは叶わないとしっかり教えるのが教育だろうに。
posted by ホンロン at 22:27| Comment(7) | TrackBack(0) | 迷信